スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まとめ】 ようやく行うNikonミラーレス考察

ちょっと書きかけて、長くなりそうだな、と思ったので、別立てにします。
(決して批判ではありません。私はNikonが大好きです。)

NikonV1/J1が出て、約2か月。マウントアダプター「FT1」も出たので、そろそろ実力評価、という
方も多くなり、使い方も固まってきたみたいなので、ここで、自分的理解を固めておこうか、と。

そもそも、Coolpixと何が違うのか?鳥屋にとって、重要な要素をまず挙げてみる。

・Fマウントに抱かせた時の換算倍率が2.7倍!
・AFの扱いが格段に上がっているように見える。
(・シングルポイント:135点のAFエリア / ・オートエリア:41点のAFエリア)
・高速連射が可能になったこと。
(最高約10コマ/秒、約30コマ/秒、約60コマ 秒;但し、エレクトロニック(Hi))

ISO感度の上限がISO3200なのはちと残念だが、これは次機種に期待。

しかし! 「FT1」につけると上に挙げた、「高速連射」以外のカテゴリーは全部制限付き。

・露出は「P(プログラムオート)」または「A(絞り優先オート)」だけ。
しかも「P」の方が「A」よりもよくピントが合います、なんて...。
・AFは「AF-S」のみサポート。これが一番困る。135点AFであることが大事なのに...。
→ これが一番困る。フォーカスの合う範囲を増やしてほしい。そうでなければ、せめて「AF-C」を
サポートしてくれないと。(トビ物の動体予測に対応できん。)
・連射性能が残っていることは評価できると思う。
(AFがホントに追従できているのかは怪しいと思っているが...。カメラ雑誌が見てたな、そういや。)

こうなると、使い道として最善に見えるのが、やはりデジスコ化。
http://www.turboadapter.com/product/br_n1_1030.htm
これにすることで、V1本来の機能は全部生きるわけだから、その方が得に見える。

現時点での最善システムはこうですかね...。
Nikon1を鳥撮のメイン機で使うにはちょっと貧弱...。
(健闘はしそうな気がしますけどね。)
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とり撮りには課題の多い機材だね、使い方次第では便利な面もあり、結構活躍しそうな予感、私の実験ではテレコンも問題なく使用できます。なので300×2×2.7=1620 デジスコと張れる画角となりまして少し甘いがAFとVRが効いちゃいます。ある意味これは夢のような話で、ファインダーにターゲットをいれるのもデジスコより楽だし、喜んで使っちゃうひとは今後増えるのは間違いない、

Re: No title

>ぶんぶん sama

300 x 2 x 2.7=1620 mm
でも、この「2」は画質が荒れる「2」です。
AFが使えるのは大きいですが、いけても「1.4」なのは変わらない気がしますね。

デジスコに化かした時の操作性次第?

たけぽん
飛びものは、これAFがCになってもムリだと思うよ、電子ファインダーは撮影中結果を表示するし、処理中は真っ暗だもん
プロフィール

たけぽんちゃん

Author:たけぽんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。