スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにもよくわからずじまい

よくわかんないので、自分的整理。機材変更を数字の面から見てみることにする。

D300(D300s):
・12.3メガピクセル CMOSセンサー
・画像処理エンジン EXPEED
・4288x2848ピクセル (jpgサイズL)

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d300/spec.htm

D700:
・12.1メガピクセル CMOSセンサー
・画像処理エンジン EXPEED
・4256x2832ピクセル (jpgサイズL)

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d700/spec.htm

実はほとんど変わっていない。たけぽんちゃんはRAW現像なんて面倒なことをしないので、
RAWの圧縮レートとか、気にしていない。
連射速度は、MB-D10を背負わせているので、秒8コマ同士で、D300もD700も引き分け。

ということは、「AF-Sで頑張ること / 視野が広いこと」が今回の話のメインなのか!?
(D4を買って、高感度対応をもっと上げて、連射速度を上げる、というのはナシね。)

よくわかんないなぁ...。意見求む!
スポンサーサイト

テーマ : ニコンphoto
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ええとですね、、、
FX→視野がDXより広くなるので、エモノの導入はしやすいけどブツは小さく写るのでピンはDX比較で合わせ辛く、、、確認しづらくなります。
DX→その逆で、導入は比較難しくなるけど、ファインダー内でのピントの山は視認しやすい。

だと、自分は思ってます。

それとコミミの現地みたいに枯れた葦原なんかでは、AFは思いっきりそっちへ逝っちゃいます(汗
なので、自分的には
フォーカスポイントは一点かせいぜい9点(11?)、必要なときだけ作動させたいので
レリーズのAFはオフ。親指AFで、AF-Cで動作させてます。

AF-Sだと、レリーズ半押し~切るまでのギャップによる被写体の移動(飛翔)には追従できてないと思います。
それで
葦原の中へ沈んだ被写体などは、一度その近辺で親指AFでピン打っておいて、後はマニュアルフォーカスで追従したりもしてます。

いずれにしろ、自分に馴染んだ撮り方で向かっていくしかないとは思いますが、飛翔被写体をAF-Sで撮る際の、ギャップ(タイムラグ)は考慮にいれるべきとは感じた次第です。
どうぞよろしく♪

Re: No title

>びあしんsama

いつもお世話様です。「タイムラグ」に気をつけて考えてみます。
カキコ、ありがとうございました。
プロフィール

たけぽんちゃん

Author:たけぽんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。