スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウの帰り

4/29の行動。Y干潟→秋葉原→メイド居酒屋→撃沈...。

今日は世間の戻りの渋滞、と想定し、出かけるのをやめる、と踏んでいたが、
急に思い出して、春のフクロウ視察に出かけた。
(結果はまだまだ。あと数週間後だな。)

帰りがてら、噂のS耕地と思われる箇所を見てみることにした。(初めて!)
ポイントもわからないまま、それらしきところを見て回ったが、めぼしい収穫は特に無し。
(田植え本格化。お邪魔しました。汗)

休耕田?に目立ったのはキジ。緑の中に赤いコントラストが。きれいね。
(今日のは全部D300+サンヨン。車の中から撮りました。)
ペアリングからアブレタのか、こいつは単独でした。
(これは後処理で露出補正だけしました。)

S耕地_キジ♂a_120430

田んぼ脇にホオジロ発見。(これも後処理で露出補正だけしました。)

S耕地_ホオジロa_120430

違う場所で、もう一度キジ発見。(実は♀を連れていましたが、♀は撮らせてもらえませんでした。♂ガード固し!!)

S耕地_キジ♂b_120430

戻るとさっきのキジが伸びをしておりましたとさ。

S耕地_キジ♂c_120430

オオヨシキリも居ましたが、ろくな画が無い...。今回は載せません。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

京女との戯れ

連休突入~。大型ですが、たけぽんちゃんは5/1,2と休みではないので、前半はおとなしく。
(後半は、「神の森」へ逝くがな。)

近場を回ろうにも、日ごろの近場は高速道路の渋滞でボロボロ。<やめたやめた
しょうがないので、日ごろ逝かないY干潟で、春のシギチドリを見ることにした。
(狙いは何年か前にケシツブだったホウロクシギとチュウシャクシギ。)

潮も見ずに行くと、なんとなくいい感じ。<良かった

外周歩道を回ると、こんな感じ。まずはD300で狙ってみる。

Y干潟_ダイゼンa_120429 Y干潟_キョウジョシギa_120429

Y干潟_メダイチドリa_120429 Y干潟_セイタカシギa_120429

どうに遠いので、仕方なくV1を取り出し、像倍率を稼ぐ。(拡大禁止!)

Y干潟_キョウジョシギb_120429 Y干潟_キョウジョシギc_120429

Y干潟_メダイチドリb_120429 Y干潟_メダイチドリc_120429

チドリの類は速いので、なかなか綺麗にピンが来ませんが、こんなものかなぁ...。

チュウシャク、ホウロク...。見つからんかった...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スカにはならなかったが...

あけて日曜日。雨だというから、鳥は休み、と思っていたら、降ってない。<お?
道中降ったらしょうがない、と、Y峠の様子を見に行ったが、スカも甚だしい。
しょーがないので、山中湖へ回ってみることにした。

夕方から天気が下り坂になると、天気予報。
振り出すまでが勝負、と様子を見てみると、早生のキビタ♂ちゃん登場。何と待ち時間無し!!

山中湖_キビタキ♂a_120422 山中湖_キビタキ♂b_120422

山中湖_キビタキ♂c_120422 山中湖_キビタキ♂d_120422

このくらいの天気の方が黄色はよく出ます。
他はほとんど鳥気無しだったが、シジュウカラくらい。

山中湖_シジュウカラ_120422

エナガ、メジロ、アオゲラ?と声はしたが、見ることはかないませんでした...。
雨も強くなったので、帰る帰る~。渋滞前に帰宅できました。

【12.04.30追記】

NikonV1+500mmで撮ったのが出てきたので、追加。でかい。

山中湖_キビタキ♂e_120422

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

帰りに再び

帰りがけに寄った先週のポイント。
PMからは条件最悪だが、やっぱり最悪だった...。

ハヤブサだかなんだかわかんない飛翔体。(トリミングしました。)

U市_何コレ?a_120421 U市_何コレ?b_120421

結局、ハヤブサはやっぱりお見せできませんシリーズ。
変わりに、ふらっと撮ったセグロセキレイ。

U市_セグロセキレイa_120421

もう少しちゃんと撮れたら載せることにします...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

無謀な週末(2)

カテゴリわけしたくなるほど、よく撮れたのがこのアオジ。
メチャクチャ近いんですわ。これが。<感動的...

神の森_アオジa_120421 神の森_アオジb_120421

神の森_アオジc_120421

レギュラーキャストのゴジュウカラやニュウナイスズメもちゃんと居ましたよ~。
(アカゲラは早くて撮れずじまい...。)

神の森_ゴジュウカラa_120421 神の森_ニュウナイスズメa_120421

当然、ご飯はコレだな。笑

神の森_飯_120421


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

無謀な週末(1)

1W経ってみれば、やっぱり「逝く」との同行者の報。<マヂかよ。

土曜日の方が天気がいい、という理由で、金曜日の夜に迎えが来る...。<睡眠時間3時間...。
AM4:00出発。でも関東は曇り空。(そういう天気予報だったからな。)

というわけで、ノリだけで、「神の森」へ。
雪深い状態。キビタやオオルリはまだまだ先の雰囲気。9:00まで同業者様とは全く会いませんでした。
(それだけ我々が物好きだということだ。)

神の森_風景_120421

それでも、鳥は居るのね。冬シーズンに全く見られなかった?アカハラから。
(枝かぶりでも枝どまりでも載せる。この子はずっと遊んでくれました。w)

神の森_アカハラa_120421 神の森_アカハラb_120421

そうこうしているうちに「黒い影」が!<ん?
クロツグミじゃないか!!

神の森_クロツグミa_120421 神の森_クロツグミb_120421

もっと近いのも撮れそうでしたが、チャンス丸つぶし。<ぶっちゃけ飛ばしたし。

今回のアカハラ君のベストはこちらかな。

神の森_アカハラc_120421

というわけで、まずはここまで。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

春の子育て奮闘記

大荒れの土曜日。たいそうな二日酔いで全く動けず...。
そこに、所用で来れなくなった同行者の報...。<ありゃ

でも、約束してたし、ひとりで行くことにした。
場所は、山側のとある場所。<結構遠いぜ。
ハヤブサが子育てを始めたとか。

日曜日、AM5:00起き、5:30出発。到着8:00...。<途中眠気がぶり返して、死亡...。
現地には昔、O公園で知り合った方が。<ご無沙汰しています!
その方とふたりで撮り始めることに。

しっかし難しい。あけてみれば、全くダメ。
CCDにゴミは乗ってるし、遠すぎて陽炎が...。<前日雨だったからな。
↑もうしょうがない。

というわけで、載せるの中止。<お見せできないシリーズ

ごめんなさい...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

春の渡りネタ

春になり、撮るものもなくなった、と思っていたら、とあるfieldで、「シマアジ」という名前を聞いた。
ものの本には、「日本には旅鳥として、春と秋の渡り期に立ち寄る」とある。
↑完全に旅鳥だ。ホントに居るのかよ...。

半信半疑で、教えられた公園をググッて、出かけたら、わんさか人が...。<ここかあ
すんごい住宅地の中の公園。その水面を皆が食い入るように見ている。皆のその執念とやら、ハンパ無い。
(まあ、たけぽんちゃんもそうなんだが。)
聞くと、正午過ぎに一度姿を見せて、あとはずーっとアシ原の中らしく。<出るのかね、これは。
そんな中、アオサギ君は妙に元気。この方も飾り羽付き。(すごく良く撮れた。)
バンもわりと良く撮れる。

K公園_アオサギa_120408 K公園_バンa_120408

本命を小一時間待ってみるも、全然気配なし。諦めた!帰ろう!と池を回ったその瞬間、事態が動いていた!

K公園_シマアジ♂♀a_120408 K公園_シマアジ♂♀b_120408

刈りこんだ葦の間から見慣れないカモがひとつがい。コレか!
通りかかりの方々数人に、インタビューされる。説明するも通りかかりの人はいまいち価値がわからないらしい。
そりゃそうだ。普通のカモだよな、何も知らなきゃ。それでも聞くとどうやら2Wくらいは居るらしく。<割と長居

K公園_シマアジ♂♀c_120408

撮ってみれば、葦がカブって全く画にならずじまい。初期に川側に居た、という写真を撮ったものの方がおそらく
雲泥の差で良く撮れているハズだろう。
でも悔しいので、ギリギリ見れるか、という奴を選択。
(残りは泥の中で嘴突っ込んで、採餌中のばかり。ピンも来ないし、ボツばかり。)

K公園_シマアジ♂a_120408 K公園_シマアジ♂b_120408

K公園_シマアジ♂c_120408

貴重なショットであることは変わりあるまい。
来週はもう居ないかもしれないし、満足することにした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リバイバル/秋の通過事件

気が向いたので、昨年秋から放っておいたリバイバルを吐き出すことにします。(2011.11.15撮影)

----
会社へ行く道すがらに、通過のノゴマが出るというので、必死に検索。
当日は歩く気満々で探し回るつもりで出かけたが、あっさり陥落。
(下調べの勝利。)

自転車道の脇の茂みに現れるらしく、地元の方が丁重に管理。<ご苦労様です。
「ピークは100人居たよ!」といつものトークが炸裂。
当日は雨だったせいか、10人くらいだったでしょうか...。
それでも居るうちに、と決行。

出始めて数日経っているので、もう抜けたか、ということも危惧していたら、3時間後くらいにキタ!

T沼_ノゴマ♂a_111015 T沼_ノゴマ♂b_111015

T沼_ノゴマ♂c_111015 T沼_ノゴマ♂d_111015

T沼_ノゴマ♂e_111015

時間にして5分足らず。この日はこのワンチャンスのみでした...。<それでも撮れただけ良しとする。

その他はこの2種類。「シマセンニュウ」と豪語していた地元の人々。
後から見るとどうにもコヨシキリ...。ということで、これはコヨシキリということにします。
そのときはクソ写真、と思っていたが、こうやって見ると結構良く撮れてるじゃない!
【2012.04.11修正 この数枚を鑑定に出したら、シマセンニュウ、と言われました!】
----
コヨシキリの眉斑は黒い過眼線と頭側線にはさまれてもっと明瞭です。
何よりコヨシキリの嘴はもっと細く短いです。
----
T沼_シマセンニュウa_111015 T沼_シマセンニュウb_111015

あとは喧しかったガビチョウ。

T沼_ガビチョウa_111015 T沼_ガビチョウb_111015

お付き合い頂きましたぶんぶん丸♂sama、ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

銚子カモメウォッチング

明けて日曜日。すっかり天気は回復。♪
しかし、鳥アテが無い...。

しょうがないので、「噂のカモメウォッチング」をやってみることにした。
(トビモノ中毒。)

銚子へ向かって、一路東関東道を走る。1.5時間程度で到着。アテもないので、波崎へ逝ってみる。
...。スカ。遠くに数羽飛んでいる。
しょうがないので、銚子大橋を渡り、銚子漁港へ。

ユリカモメ...。セグロカモメ??
お約束に識別など出来ない。<わかるかっての!

とりあえず撮る事にした。「b」はまあまあなんだけど、背景がダメね。

銚子_ユリカモメa_120401 銚子_ユリカモメb_120401

ということで、場所移動。

銚子_ユリカモメc_120401 銚子_ウミネコa_120401

夏羽のユリカモメ。気が早いというか...。夏羽になっているのは、概ねこの子くらい。

銚子_ユリカモメ夏羽_120401

冬場はこうね。

銚子_ユリカモメd_120401

あとはわからない。何だろうね、これは。

銚子_カモメa_120401 銚子_カモメb_120401

銚子_カモメc_120401

ちゃんとした観察会にでも出ないとわからん。ミツユビカモメ、なんていうのも居るらしいし、カモメはやばい
においがしますな。

疲れたので、「みさき亭」でご飯にした。(金目鯛づくし。♪)

銚子_昼ごはん_120401

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

通過鳥騒ぎ

「西東京に何か居る。何か知ってる?」と、先週日曜日にK公園で取材される。<知らないよ、そんなの。
調査に及ぶと、どうもマミチャジナイらしく。クロツグミも通過したとかしないとか。

1W、じっと我慢して、暴風の3/31、西東京へ。
たけぽんちゃんの大学の真裏。勝手知ったる箇所。
数年前にルリビタキ♂を見に行った時と同じような光景に出くわす。

そして、強風のせいか、抜けたのか、マミチャジナイは居ない。(餌付いていると言ったくせに。)
居るのはシジュウカラばかり。

T霊園_シジュウカラa_120331 T霊園_シジュウカラb_120331

風もどんどん強くなり、パラパラと雨も。
そんな中、現れたのがコジュケイ一家。まずは偵察か!?

T霊園_コジュケイa_120331

そのうちゾロゾロ。

T霊園_コジュケイb_120331

無警戒に砂浴び始める一家。

T霊園_コジュケイc_120331 T霊園_コジュケイd_120331

マミチャを探して回るつもりだったので、D700 + サンヨン + 一脚の装備でした。
少し遠かったですが、トリミングはしません。

こんなこともあるわな、そりゃ...。夏に期待。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

たけぽんちゃん

Author:たけぽんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。