スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのハイオス

さて、ツルも飛んだことだし、エサ場は後回しにして、先週逝った野原へ行くことにした。
(結局あれは干拓地だったようだ。)

着いてみると、週末で天気も良好、ということもあり、10台に近い車が止まっている。
みんな、ハイイロチュウヒ狙い、とみた。

光線の具合とかを見ているのだろうが、ま、適当にはじめてみる。
で、風が強いせいか、なかなか猛禽が飛ばない...。コミミなんて夢のまた夢。

チッチッ、と地鳴きする何かの小鳥。一羽飛び出して、構えている裏に止まった。
ホオジロだ。

茨城野原_ホオジロ_120129

そのうちに、正面に1羽飛び始める。

茨城野原_チュウヒa_120129

おそらくチュウヒと思われるが、いかんせん距離が遠すぎる...。
拡大するともうザビザビの画像になってしまう上に、色が潰れている...。

茨城野原_チュウヒb_120129 茨城野原_チュウヒc_120129

それでも今日は、「SSを上げて、ブレないように気をつけて。AF-Cで追ってみる。」がテーマなので、
頑張ってみると、まあ、それなり。でも逆光で色が出てないね...。

茨城野原_チュウヒd_120129 茨城野原_チュウヒe_120129

そのうちにファインダーに入ってくるあの灰色...。ハイイロチュウヒの♂だ!
チュウヒと絡んだ!

茨城野原_チュウヒ_ハイチュウ♂a_120129 茨城野原_チュウヒ_ハイチュウ♂b_120129

その後の数枚は入っていた...。(構図はよくないが。)

 茨城野原_チュウヒ_ハイチュウ♂c_120129  茨城野原_チュウヒ_ハイチュウ♂d_120129

そのうちに1羽になったので、ハイ♂だけ追ってみる。

茨城野原_ハイイロチュウヒ♂a_120129 茨城野原_ハイイロチュウヒ♂b_120129

茨城野原_ハイイロチュウヒ♂c_120129 茨城野原_ハイイロチュウヒ♂d_120129

羽の色は出たが、ピン甘なのは腕不足だ...。でも、現状手持ちの機材でも十分に戦えそうな予感がする。
気持ち近くを飛んでくれれば、勝機は十分にある、と感じた撮影でした。

ちなみに、この攻防戦のウラでは、ハイ♀が至近を飛んでいたそうな...。
野焼きで、コミミが燻されて出てきたのを目撃したが、移動した後だった。
チョウゲンボウのホバリングも近かったんだよね...。<残念

所用があったので、一度離脱。ツルのエサ場へ逝ってみることにした。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今シーズンの迷鳥(ネグラver)

どこで聞いたんだろう...。
「ハクチョウんとこに、ツルが居るよ」と言われて、なんとなく気になっていた。

初めて見に逝ったのが、1/15。筑波山の帰り。(筑波山はスカだったわけで...。)
もう夕方近くて、全然SS上がらない。(EXIFを見ると、ISO3200 ; SS1/4 ; F5.6)
サンヨンにx1.4テレコンを付けて撮ったらしい。
(この日は500mmF4を持ち出さなかった。)

本埜_ソデグロヅルa_120129

2回目に逝ったのが、1/22。朝7:00に現地着で、もうネグラには居なく、エサ場へ飛んでいた...。
じゃあ、と、帰りを狙って、16:00くらいから待ってみたが、この日に限って全く帰宅の様子無し。
最終シャッターが17:17に切られているところから、そのくらいまで待ったが帰ってこなかった。
(つまりスカ。ハクチョウはいっぱい撮ったけど...。)

当初どうでもよかったツルだが、こうも外しまくると寝つきが悪くなる、と作戦を本式に立てた。
やはり、「早起きは3文の得」と言うので、夜明け時間にネグラに構えてやる、と5:00起きを敢行。
(2日レンチャン。)

頑張って、現地に6:30着、と思っていたが、GS寄ったり、コンビに寄ったりしたら、7:00になってしまう。
(ヤヴァイ!)

慌てて現場へ走るも、幸い、ツルさんはまだそこでうたた寝している様子。<アブネェ。
オバちゃんに「慌てなくても大丈夫」と釘を刺される始末...。<恥ずかしい
(最初に三脚立てたときは、カメラ本体を車に忘れる始末...。)

で、撮ったのがこれ。光線は全然安定している。<当たり前だ。
右はx1.4テレコンを入れて2段程度絞ってある。
(明るいから成せる業。絞れば収差もバレナイ。)

本埜_ソデグロヅルb_120129 本埜_ソデグロヅルc_120129  

さて、ソデグロヅル。これに出てしまったので、もう伏せなくてもいいか、と今回は基本情報は伏せません。
日本ではかなり珍しい迷鳥です。(面構えは可愛くないし、ま、もの珍しさで撮った、ということ。)

まだ眠いのか、寒いのか、すぐに首をしまってしまう...。
それでも、スッと立つと、周辺のコハクチョウよりも頭ひとつ以上高いので、すぐわかる。

本埜_ソデグロヅルd_120129  本埜_ソデグロヅルe_120129

こうなると、欲しくなるのはソデグロヅルの「ソデ」。止まり姿勢のときは、全く羽ばたかなかったので、
黒の「ソデ」を拝ませてくれ、と少し、ずれたところに構えなおす。
全然動く気配がないので、オオハクチョウの飛び出しを撮って遊んでいたら、いきなりキタ!
慌ててカメラを戻して、辛うじて撮ったが、背景が家じゃ...。
とりあえず、トリミングしてみると、まあまあピントは来ているようだ。
(コミミやらハイチュウのトビものよりは格段に遅いからな。)

本埜_ソデグロヅルf_120129  本埜_ソデグロヅルg_120129

連射のもう一枚。右はトリミング。

本埜_ソデグロヅルh_120129 本埜_ソデグロヅルi_120129

最後はエサ場へ消えていきましたとさ...。

本埜_ソデグロヅルj_120129

一緒に撮っていた多数の皆様、お世話になりました。
ネグラverは成功、だったと思う!次はエサ場verです。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪のやまなし (2)

そういうわけで、いつもの水場へ逝って見る。
でも、すんごい雪。4WDのスタッドレス車で良かったぜ...。

山中湖周辺_雪景色_120128


何か這うように水場まで降りていく。足元が新雪なのか床アリなのかはもうわからない。
結構命がけ...。

いつものように待っているが、足の裏から冷えてくる...。
靴用カイロとノーマルカイロを忍ばせてあっても、全くと言っていいほど効果なし。
しかも椅子忘れたので、座ることも不可能...。<ちくしょ

待つこと1時間くらい?ようやくお客がやってきた。
死にそうになりながら、ふと前を見ると、あら!
(先に来ていた他のバーダーさんは寒さに耐えかねたのか、お帰りになられた直後!)

山中湖_ルリビタキ♀a_120128

その後は、「目線入り」の方の登場。悪いことしたの?その風体は未成年じゃないよねぇ...。
(実際は、枝かぶりなだけだけど。)

山中湖_ルリビタキ♂a_120128

カミングアウトしました!!ルリ♂です。(今年初撮り)

山中湖_ルリビタキ♂b_120128

水場にも降りました。

山中湖_ルリビタキ♂c_120128

あとは、シジュウカラやコガラでした。ずっとドラミングが聞こえていたので、主を探していたのですが、
アカゲラを双眼鏡でちらっと見ました。でも撮れなかった。(メガネが曇るんだもん...。)

寒い中頑張った枝内探しの成果はこの一枚だけ。ツグミ。(今年初撮り)
枝カブリだけど、アリじゃないかと...。

S林道_ツグミa_120128

今日は一日、ルリビタキ三味になってしまった...。
全体的には「雪の中」という雰囲気がとてもよく出ていて、それはそれでアリかと思うのです。

でも、新年だし、あえて次回以降、「志」を語ろうかと。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪のやまなし (1)

今日は、のんびり地元コミミでも、と思っていたら、ぶんぶん丸samaより、
「逝こうかな、雪の山梨。スタッドレスだし大丈夫だもん!」というボヤキが。<ぬぁにぃ!!

あのオオマシコareaといつものところをハシゴする、というので、連れていってもらうことにした。

起床はAM4:30。(AM5:00には迎えに来る、と言うので...。)
少し寝坊したが、AM5:10には準備できた。が、してみると、留守電...。
(先方は本式に寝坊中...。)

しょうがないので、先日からいぢっているPC修理の仕上げをやる。(起きちゃったし...。)
HDDの動作不安を修正。持ち歩き用HDDと差し替え。<データ消えたりする...。恐ろしい。
やりたかったことを全部やって6:37、着信。寝坊謝罪。結局、出たのは8:30くらい。
何だ、結局寝てても変わらなかったではないか...。<独り言、ボソッ

一路、あのオオマシコ林道へ。
去年は、ノーマルタイヤでもギリギリ上がれたあの林道。
今回はもう真っ白...。
(ノーマルで逝ったら遭難するよ、あれは。)

林道ももう積雪で真っ白。スパイク付の長靴で来て本当によかったと思う。
そーっと機材を抱えて上がっていくも、見たのはカケスとヒガラ、ルリビタキ♂。
どれも枝かぶりやらで写真なし。(そもそも新雪の上には三脚が立たなくて...。汗)
肝心のオオマシコは全然姿なし。何だろう?
山道でルリビタキ♂がフライングキャッチしているのを見たが、枝かぶりと足元おぼつかず、で
全然撮れず。

下山後、車脇で慰めにきてくれた、ルリ♀。(今シーズン初撮り)

S林道_ルリビタキ♀a_120128 S林道_ルリビタキ♀b_120128

枝かぶりだけど脚とか上げてラブリーなので掲載。
風が吹くとポワポワになるのね。 <イヤーン、と思っているかも。

S林道_ルリビタキ♀c_120128 S林道_ルリビタキ♀d_120128

お立ち台もないのに、そんなところに乗ってもギャラ無いよ...。笑

S林道_ルリビタキ♀e_120128

この子のおかげで、スカ免れる...。<よかったよかった。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

寒い日の野原(3)

回り始めたところまで戻ってくると、さっきまで空っぽだった杭の上に妙なのが一羽。
アレ? 双眼鏡で覗いてみると何とコミミズク。
慌てて車から降りると、バタバタ...。ああ...。

小雨降る中、しばらくじっと待っているとお戻りになられた。今季初のコミミちゃん。

茨城野原_コミミズクa_120123

どうもこの界隈に、2羽いるらしくしきりにお互いでちょっかいだしまくり。

茨城野原_コミミズクb_120123

後から気がついたが、どうもこの界隈、この2羽とハイイロチュウヒ♀の三つ巴みたい。
(どうも飛翔の形がコミミに見えないんだよな。違っていたらご指摘ください。)

茨城野原_ハイイロチュウヒ♀a_120123
茨城野原_ハイイロチュウヒ♀b_120123 茨城野原_ハイイロチュウヒ♀c_120123

あとはコミミ見せびらかし。
飛んでるのもまあまあ。(距離があるからいけるのね。)

茨城野原_コミミズクc_120123 茨城野原_コミミズクd_120123

茨城野原_コミミズクe_120123 茨城野原_コミミズクf_120123

茨城野原_コミミズクg_120123 茨城野原_コミミズクh_120123

雨も強くなってきたので帰ることにした。
振り返ると、哀愁漂うチョウゲンボウ...。

茨城野原_チョウゲンボウd_120123

しばらく通うぞ!!

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

寒い日の野原(2)

チュウヒを後ろに見ながら散策を続ける。
杭の上にはノスリちゃん。

茨城野原_ノスリa_120123 茨城野原_ノスリb_120123

その奥の杭にもう一羽止まってるな...。拡大してみると、どうやらミサゴ。(ほう。)

茨城野原_ミサゴa_120123 茨城野原_ミサゴb_120123

止まってる鳥はまあまあ撮れる。あとは頑張ってホバってるやつを激写。
(多分チュウヒ。ずーっとホバッておられた。)

茨城野原_チュウヒa_120123 茨城野原_チュウヒb_120123

まあまあ撮ったし、雪が降る前に帰ろうかな、と思っていたところに!

続く。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

寒い日の野原(1)

正月から少しずつ鳥見を再開ちう。
今回は、とある筋から聞いた「冬の住宅事情」の話。

広大な野原に、コミミズクやらハイイロチュウヒやらがたくさん。
ノスリ、チョウゲンボウなども多数お目見えて、平和な感じだったのですが、
ある日から真ん中を造成し始めたらしく。(畑にでもするのか!?)

こうなると、いきなり真冬の再配置。
あちこちで軽いいざこざが。おかげでこっちは大盛り上がり。

そんな話を聞いたので、先週末、かなりがんばってみた。
でも、雨でほとんど飛ばなかった土日。
会社を休んで行った、月曜日の雪前のつかの間の天気で飛んでくれた。
(でも天気が悪くて色が出ず...。)

昼下がりにふらふら見ていると、チョウゲンボウが必死に食事中。

茨城野原_チョウゲンボウa_120123

車から出てみると、さーっと飛んで行ってしまったくせに、しばらくすると戻ってきて食事続行。
(よっぽど腹減り。)拡大するとこんな感じ。

茨城野原_チョウゲンボウb_120123 茨城野原_チョウゲンボウc_120123

そんな中、後ろを見ると、電線のところでチュウヒが絡んでる...。
(自信ない...。多分チュウヒではないかと。)

茨城野原_ノスリ戦いa_120123

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

【まとめ】 ようやく行うNikonミラーレス考察

ちょっと書きかけて、長くなりそうだな、と思ったので、別立てにします。
(決して批判ではありません。私はNikonが大好きです。)

NikonV1/J1が出て、約2か月。マウントアダプター「FT1」も出たので、そろそろ実力評価、という
方も多くなり、使い方も固まってきたみたいなので、ここで、自分的理解を固めておこうか、と。

そもそも、Coolpixと何が違うのか?鳥屋にとって、重要な要素をまず挙げてみる。

・Fマウントに抱かせた時の換算倍率が2.7倍!
・AFの扱いが格段に上がっているように見える。
(・シングルポイント:135点のAFエリア / ・オートエリア:41点のAFエリア)
・高速連射が可能になったこと。
(最高約10コマ/秒、約30コマ/秒、約60コマ 秒;但し、エレクトロニック(Hi))

ISO感度の上限がISO3200なのはちと残念だが、これは次機種に期待。

しかし! 「FT1」につけると上に挙げた、「高速連射」以外のカテゴリーは全部制限付き。

・露出は「P(プログラムオート)」または「A(絞り優先オート)」だけ。
しかも「P」の方が「A」よりもよくピントが合います、なんて...。
・AFは「AF-S」のみサポート。これが一番困る。135点AFであることが大事なのに...。
→ これが一番困る。フォーカスの合う範囲を増やしてほしい。そうでなければ、せめて「AF-C」を
サポートしてくれないと。(トビ物の動体予測に対応できん。)
・連射性能が残っていることは評価できると思う。
(AFがホントに追従できているのかは怪しいと思っているが...。カメラ雑誌が見てたな、そういや。)

こうなると、使い道として最善に見えるのが、やはりデジスコ化。
http://www.turboadapter.com/product/br_n1_1030.htm
これにすることで、V1本来の機能は全部生きるわけだから、その方が得に見える。

現時点での最善システムはこうですかね...。
Nikon1を鳥撮のメイン機で使うにはちょっと貧弱...。
(健闘はしそうな気がしますけどね。)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

久しぶりの鳥見

仕事の多忙や自宅のPC環境整備に時間を取られて、結局鳥見どころではなかった
今シーズン。(体調もよろしくないしな...。)

新年もあけて、機会があったので、V1とサンヨンだけ抱えてK川のカワセミに行ってみた。
(ほんの冷やかしのつもりだったが...。着いたのが13:00くらいだったか??)

さて、NikonV1どれくらい頑張れるのか? が本日のテーマ。

とりあえず、川に浮いていたオオバンとコガモを撮ってみる。
静止対象はクリア。

 K川_浮いている鳥達_120102

目標はカワセミだったわけだが、午後からちょっと吹いてきた北風のせいか、まったく姿を見せず...。
(先に来ていた方に聞くと、12:00くらいには一度現れた、と。)

その後、現われたのがこいつ。シギだと思うのですが、一体何シギ??
少なくともカワセミよりは格段に大きいので、ゲットはしやすいね。
(この辺はノートリです。)
★問い合わせをしたところ、このシギは「イソシギ」であることがわかりました。(2012.01.26 追記)★

K川_イソシギa_120102 K川_イソシギb_120102
K川_イソシギc_120102 K川_イソシギd_120102
K川_イソシギe_120102

連射もついてくるようだし、AF-Sも思ったよりもしっかりくるし、デジスコよりも全然扱いやすい。

日も陰ってきたし、マヂ寒い、と思っていたところによーやく現われた本日のメイン。

カワセミ君です。(左がノートリ、右がトリミング画像。)
トビ物はことごとくアウトでした。<追い切れない

 K川_カワセミf_120102   K川_カワセミc_120102

 K川_カワセミe_120102   K川_カワセミb_120102

 K川_カワセミd_120102   K川_カワセミa_120102

判断は色々だとは思いますが、以下は主観的感想。

・電子ビューファインダーは見えは良いが、ピントの山は掴めない。
まだ光学ファインダーにはかなわないね。
・でも、AFの食いつきは思ったよりも悪くない。
こうやって現像してみて、思ったよりも「撮れているカット」が多い。
→ やはりファインダーと背面モニタの性能が足りていない?
→ 明らかなピンボケ以外はその場で削除するのは危険。
・EXPEED3は素晴らしいと思う。
→ 曇天でも、これだけの解像度をくれるとは思わなかった。D300は無印のEXPEEDだったわけで...。

と、まあ、褒めちぎっておいて、落とすわけですが...。

・「FT1」装着時はAF-SモードのAFしかサポートしない。
→ ニコン1マウントのレンズが付いている際は、「AF-A」「AF-S」「AF-C」モードがある。
加えてフォーカスポイントはど真ん中しか無い!
→ ちまたの人は「AF-Cも!」と言うのだろうが、そんな贅沢は言わん。フォーカスポイントの移動
だけでも出来てくれないと、話にならん...。(この装備は止まりもの専用じゃないか...。

少し使い方を考えないとダメね...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

たけぽんちゃん

Author:たけぽんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。