スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逝ったか...

先週は、西方面にサンコウチョウ偵察に行き、見事に時期早し、でした...。
(いろいろありまして、先週は1枚も撮っていない...。)

今週末は雨だし、鳥はお休み~、と思っていたら、
「コマドリに逝きたい」というお誘いが...。
確かにコマちゃんのカットが少ないので、改めて撮りますか、とY峠へ出向くことにする。

落ち着きを取り戻しつつある、という噂は聞いていたが、そこに加えて
あの土砂降り。10:00前に現地入りするも我々2人を入れても4人しか居ない。
(あの人だかりは何だったのか...。)

そういうわけで、のんびり待つことに...。
しばらくすると、来た!クロジの♀。

 Y峠_クロジ♀a_110528  Y峠_クロジ♀b_110528

この子が来てから約1時間、何も来ない...。
今日はダメなのかぁ??と思っていたら、来た!!まずは♀。

 Y峠_コマドリ♀a_110528  Y峠_コマドリ♀b_110528

今回は♂♀がハッキリわかるね。♂の方がオレンジが強い。
(ココまで書いて前回のを見直しても、やはり♂だった...。)
サービス満点♪(なんだヨ!みないな感じで。笑)

 Y峠_コマドリ♂h_110528  Y峠_コマドリ♂i_110528  Y峠_コマドリ♂b_110528

 Y峠_コマドリ♂c_110528  Y峠_コマドリ♂e_110528  Y峠_コマドリ♂f_110528

そうこう言っているうちに、ついに鳴いた!

 Y峠_コマドリ♂a_110528  Y峠_コマドリ♂g_110528

枝上も撮れた。

 Y峠_コマドリ♂d_110528

昼過ぎからかなり出現率が上がってしまい、帰るタイミングを失う...。

ぢつはPMから予定あり。たけぽんちゃんは16:00にの定期点検。
同行者様は16:00に飼い鳥の爪切り。

...。

どっちも間に合わなかった...。
(峠超えで帰宅しようなんて言わなければ...。ごめんなさい。)

そして山ではフィーバー!ああ、彗星...。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

連休終わりと言えば...

これで、震災後の過去記録残りは一応おしまい。<やったぜ!
----
連休終わりと言えば、フクロウ。
去年の経験を生かし(味をしめて?)、一路北関東の神社へ。

今年もすごい人...。早速見てみると、今年も居たぜ。

北関東_フクロウa_110508 北関東_フクロウb_110508

去年は枝かぶりでまともな構図のものなんて無かったが、今年はこれが撮れただけでも満足♪。
親ははるか上空~。

北関東_フクロウ親a_110508

そのうちにさ~っと下へ降りてきた...。
「もう眠いんだよなぁ~。寝かせてほしいなぁ...。」

 北関東_フクロウ親b_110508 北関東_フクロウ親c_110508 北関東_フクロウ親d_110508

見てたら眠くなってきたので、たけぽんちゃんも帰って寝ることにした。
洞の方は今年は見なかったが、順調そうだった。無事に育ってね~。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

連休前の伊香保と軽井沢

勢いついてきたので、少し前のリバイバルを書いてしまいますか...。
(特にその必要も無いと思うので、場所は伏せません。)

Y峠に去年からフラレまくっているたけぽんちゃん。
その前は、伊香保方面のコマドリにもかなり長い間フラレまくっていたたけぽんちゃん。

今年はどうしても!と、気合いを入れて再び関越道へ。
(奉仕の精神よ。奉仕の精神。)

道中、そのまま軽井沢へ曲がってしまおうか、という怖い誘惑を振り払い、一路伊香保へ。
(数年前に聞いたあのポイントへ。)
ドキドキしながら着いてみても、人気なし。鳥気はカラ類のみ。
(まだ早かったか...。)
ようやく見れた(撮れていない)のが、逆光のミソサザイ。はあ...。

素直に帰れないので、山越えして軽井沢を目指すことにする。(無謀)
二度上峠からの浅間山~。

浅間山_110424

さて、軽井沢へ着く。今まで逝ったことのなかった軽井沢野鳥の森。(最近はピッキオとも言うらしい。)
もう疲れたので、サンヨンの手持ちだけにする...。
手前からぐるりと回って見るも、全然、鳥気ナシ。(昼下がりは鳥のブラックタイム...。)

あずま屋をひととおり回ってみると、最後に、キタ! 噂のミソサザイ...。
(最初は暗くて全然わからなかった...。この通りシルエット。)

軽井沢_ミソサザイe_110424 軽井沢_ミゾサザイb_110424

手持ちで撮るので、とにかく手ブレがひどい...。木に体を預けてようやく撮った何枚か。一脚必要だった...。
(もっと露出がズタボロかと思いきや、以外とイケテル。モニタが暗すぎるのか!?)

しばらく撮っておしまい、と沢を降りていくと、ミソちゃんは付いてくる...。
おかげで、こっちもだんだん上手くなる。

軽井沢_ミゾサザイa_110424 軽井沢_ミソサザイc_110424 軽井沢_ミソサザイd_110424 

軽井沢_ミソサザイf_110424 軽井沢_ミソサザイg_110424 軽井沢_ミソサザイh_110424

そうこうしているうちに、ゴジュウカラや、コゲラと会う。
(このゴジュウカラ、両足に足輪付きだわ...。)

軽井沢_ゴジュウカラ_110424 軽井沢_コゲラ♀_110424

沢を見下ろすとキセキレイ...。

軽井沢_キセキレイa_110424 軽井沢_キセキレイb_110424  軽井沢_キセキレイc_110424

最後は駐車場で、シジュウカラ...。(近さはすべてを凌駕する!)

 軽井沢_シジュウカラ_110424

帰りは予想通り渋滞...。でも、良い鳥見でした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

続々 春の弾丸旅行

騒ぎ報告も終わったので、「春の弾丸旅行」の続きを書きます。

----
帰りにようやく収めた憧れの剱岳。
(雪の大谷の写真はゴミ乗りなので、勘弁してください。泣)

立山剱岳_110503

室堂から降りてきて、富山湾の海の幸!
明日は戸隠!と思っていたが、戸隠と富山はどうにも遠い。
富山湾でももっと妙高寄りを探してみたが、魚津とか、全然宿無し~。<汗

結局、斑尾高原で素泊まりすることなる...。
(早朝起きが効いて、ボロボロになりながら斑尾まで車を走らせる...。)

それでも性懲りもなく5:00には起きて、探鳥。(声はイロイロ)
撮れたのは一生懸命さえずるホオジロくらいのもの...。

斑尾高原_ホオジロa_110504 斑尾高原_ホオジロb_110504

7:00出立! いざ戸隠へ!
着いてみると、もうすんごい人だかり。(例年こんなに混んでいたっけか??)

フラフラと森林公園を回る。
鳥気はスゴイ!手始めにコサメビタキ。<今年も宜しくぅ!
でも撮れない...。<アセアセ
木道を歩いていくと、ゴジュウカラ...。(土着民だね。)
(結構撮った気がしていても、気がつくとカットとしてはこれだけだった。)

戸隠_ゴジュウカラ_110504

色の濃いスズメがいるねぇ...。ニュウナイスズメ。(よく鳴くんだ、これが。)

戸隠_ニュウナイスズメa_110504 戸隠_ニュウナイスズメb_110504

しかし、コサメビタキ以外に夏鳥のニオイがしない。
数週間前に逝った山中湖でも夏鳥はスカだったことを考慮しても、
今年はまだ夏鳥が早いのかもしれぬ。
(同行者コメントによると、キビタが1度だけ横切ったと...。)

池側まで戻ったところで、ようやくフライングキャッチしているコサメを発見。

 戸隠_コサメビタキa_110504 戸隠_コサメビタキb_110504

このままだと、米粒なので拡大してみる。(後ピンだねぇ...。)

戸隠_コサメビタキa_big_110504

今日の収穫は、ミソサザイ。木道脇で見事なポーズ!
(露出しくじったが、構図はバッチリ。去年は逃したが、今年はいけた!)

戸隠_ミソサザイa_110504 戸隠_ミソサザイb_110504

噂の「赤い彗星」は、ひと声しただけ...。
PMにすごく探したが、影も形も見えませんでしたとさ...。

2日間しか休めなかったので、これにてGW旅行は終わりです。<泣
(夏休み長いから、そこに期待するか!? 夏は鳥が居ないんだよなぁ...。)

春のミズバショウを最後に撮っておしまい。

 戸隠_ミズバショウ_110504

同行者の皆様、お世話になりました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ついに攻略! その2

前回は寝てしまったので、そろそろ本気で更新~。
コマドリの写真追加。 (思ったより枚数がないな...。)

Y峠_コマドリb_110515  Y峠_コマドリc_110515

明るすぎて色が出ない...。

しょうがないから「下」へ。キビタキのオンパレード。
(ほとんど出ずっぱり...。)

Y峠_キビタキ♂a_110515 Y峠_キビタキ♂b_110515 Y峠_キビタキ♂c_110515 Y峠_キビタキ♂d_110515

Y峠_キビタキ♂e_110515 Y峠_キビタキ♂f_110515 Y峠_キビタキ♂g_110515 Y峠_キビタキ♂h_110515

コルリ(下の本命~♪)数年ぶりだね。君は。

Y峠_コルリa_110515 Y峠_コルリb_110515 Y峠_コルリc_110515 Y峠_コルリd_110515

あんなに苦労したクロジがココでは雑魚扱い...。(誰も撮らないとは...。)

Y峠_クロジa_110515 Y峠_クロジb_110515

ソウシチョウも飛んできた。(初撮りだね。)

Y峠_ソウシチョウa_110515 Y峠_ソウシチョウb_110515

最後、場を荒らしに来たのはなんとカケス。
(日頃はあまりはっきり姿を見せてくれないのに、なんと大胆。)

Y峠_カケスa_110515 Y峠_カケスb_110515 Y峠_カケスc_110515

約2時間でこれだけ出ました。すごいな、Y峠...。(オススメですよ。これは。)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ついに攻略! その1 (速報!)

急転直下
前回ブログの通り、コマドリはスカだったわけで。
先週末からブツブツとメールでもオフラインでもボヤいていたら、5/14についにアジトが割れたY峠のコマドリ君。
(はいりほsama、本当にありがとうございます!!)

といっても、土曜日は飲み会~、だったので、自力では逝けない...。
というわけで、同行者を無理矢理募って、出かける。
(土曜日の深夜出。当然酔っ払いのたけぽんちゃんは戦力外。)
↑しかも、飲み過ぎて、新橋のバーでケンカしたあげく、財布を忘れてきた。
(今日まで、所在不明でした。怖いことした自分...。)

調子に乗って、AM早朝に多摩川でヤマセミwatchingを敢行~。
(飲み会の前に銀座SCでプロにローパス磨いてもらったもんね!)

しっかし、気持ち悪い。
AM5:00頃から川脇の歩道に転がってウンウン唸っていたところ、AM6:30、
そいつは現れた!でも、距離にして70m強...。ゴーヨンでは戦えない。
久しぶりにトリミング。<ピンはまあまあ、来ていたのね。

K寺_ヤマセミa_110515

結局ろくな写真がないのと、気持ち悪いのとで、そこはこれだけで撤収~。
(今回は露払いということで...。あくまでも寄り道だからな。)

その後、その川を上流へ向かって走ること1.5H。先週も見たY峠へ。
あれ、いつもは人影ゼロなのに、今日はすごい人だ...。
(鳥屋銀座になってるぞ!?)

あの林道を上がっていくと、道ばたにすんごい砲列...。
その林道は先週来たときに、全然人が居なかったのになぁ...。<まだ早かったのか...。
人が居るところとコマちゃんポイントは道路を挟んで反対側。
バーダーの車が時々跨ぐ、すごいシチュエーション...。

イソイソと荷解きをして、砲列に加わる。
いつものように周囲の方に断って、を置いたのに、仕切りのオヤヂに
イチャモン付けられる。
「小僧、若いな。若者はゴミ(=じいさんのことらしい)に場所を譲れ。」と来た。
撮ったらどきます!とヤケクソになって、返事。
そのあと、「どんなの撮れたんだ、見せてみろ。」とケチ付ける気満々...。
気持ち悪いピークだったので、そこでスルーしたが、どうやら、そのじいさん、
そこらの客にいちいち絡んでる...。(そういう人も居るのね...。)
となりのオバチャンが、「あんなこと言うのは、ここではあのじいさんだけよ。」
とフォローしてくれたので、助かったが...。
ICレコーダーからコマドリの鳴き声は出すわ、もうやりたい放題。
↑自分だってこの恩恵に預かるんだから文句は言わない...。
じいさんの努力がなければ、誰も撮れないんだから。

んで、本題。

Y峠_コマドリa_110515

クロジ訪問の合間に、30分に1度程度の割合で現れる。
あこがれのコマドリちゃん。♪
残念だったのは、日差しが強すぎて、あまり色が出なかった、
ということでしょうか。

ともあれ、憧れのコマドリちゃんを手中に収めて、
「下」へ降りていくことにした。

※写真はまた次回upします。今回は速報ということで...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

連休の週末...(やはりいないぞ...)

先週末に急展開があったので、こちらを先に裁きます。(5/7分です。)
----
GWの余韻を冷ませずに、雨だと言うのに、5:00起き。
(普段はそんなに早く起きられないくせに。)
6:00前には家を出る。
天気予報は雨なのに、「そのうち止むべ!」と山中湖へ~。
↑もはやバカ。

AM8:00前に目的地到着。
連休最後の土曜日なのに、4人しかいない。(さすがに雨だからね。)
しかも早速、雨が降っている...。
こりゃ、ダメかな、と思っていたら、来た!

山中湖_キビタキ♂a_110507 山中湖_キビタキ♂b_110507  山中湖_キビタキ♂c_110507 山中湖_キビタキ♂d_110507

躍動感のある、こんなカットを求めてみた。

山中湖_キビタキ♂e_110507

今年初お目見えのキビタキ♂。(ようやく会えたねぇ!!)
4月中も1度来たが、その時はまだまだ冬だった感じの山中湖。
キビタのキの字も無かった訳で...。30分周期でおいで下さいました。
待ち時間は、ホオジロのきれいなカットを求めてみた。

山中湖_ホオジロa_110507 山中湖_ホオジロb_110507

そのうちに雨がひどくなってきちゃったので、レンズ保護と称して、
根性無しのたけぽんちゃんは撤収~。

懸案のコマドリを探しに逝ってみるも、スカ。(去年から何回目だ!? 全然ダメじゃねぇか!!)
こんなことをしなければ、オオルリだって来たかもしれないのに。

キビタ撮れたから、まあ、いいかぁ...。(あまり納得していない自分...。)
ああ、コマドリ...。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

続 春の弾丸旅行

前回の続き~。
慌てて、下側に居た同行者に連絡しようと携帯を出すも、圏外...。
「ライチョウ居たよ!」ポーズ(どんなポーズだ!?)をするも、気が付かない...。

とりあえず、自分のアガリを確保する方向で...。
リュックに入っていたサンヨンで♂を数枚撮る。
(足元が悪くて踏ん張れない...。)

室堂_ライチョウ♂a_110503 室堂_ライチョウ♂b_110503 室堂_ライチョウ♂c_110503

風景に慣れてきて、♀も見つかるようになる。
だんだん調子付いてきて、距離を詰め始める...。
何処からとってもハイマツ被りだな...。
だが、数メートルの積雪の下はハイマツの林。
ということは、踏み抜いたら数十センチの空洞が待ってるわけで...。

室堂_ライチョウ♀a_110503 室堂_ライチョウ♀b_110503 室堂_ライチョウ♀c_110503  室堂_ライチョウ♀d_110503

一番確実なのは斜面に身を投げ出して、膝で這うことだ、ということを、
数回踏み抜いてスニーカーをズブズブにしてから発見する。
(斜面から落ちたらシャレにならん。この際、靴は犠牲になってもらおう。)

斜面中腹にはスキーで踏ん張って望遠持っているおぢさん。
そこからなら、ライチョウの全身を撮れる気がする。
でもそこまで行くには、この装備ではきっと命がけ。

...。実行。そ~っと降りていく。(落ちていく。)

室堂_ライチョウ♂d_110503 室堂_ライチョウ♂e_110503   室堂_ライチョウ♂f_110503  室堂_ライチョウ♀c_110503

あとは激写のみ。(後先は全く考えていない。)
おぢさん、あきれた顔でたけぽんちゃんを見る...。
(あとから同行者に聞くと、一番クライついていたのは
たけぽんちゃんだった...。と。)

 室堂_ライチョウ♂g_110503

後から見てみると、こんな埃が画面左上に。
かなりショックでした。

しっかし、ホントに逃げない、ライチョウ♂♀。最後は、目の前から飛んでいった。
人のことは言えないが、ちょっと距離を詰めすぎだったと思う。
(観光地のど真ん中だから、ココでマナーを言っても始まらないか...。)

でも、「自然の会?」のおぢさんはあんまり怒ってなかったし、こんなものなのかも。

下山中は、「雪の太谷」などを眺めつつ、昼前には麓へ戻ることにした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

春の弾丸旅行

「更新が無いので被災したかと思いました。」とオフラインで
言われてしまった...。
被災はしていなかったが、数週間PCの入れ替えなどをしていたので、
更新できない状態でした。申し訳ありません。

さて、4/4に、地震の影響で会社のカレンダーが変わった。
ぶちぬきの連休がなんと真っ黒になってしまったわけで...。
「既にGWの予定を入れている方については、有給休暇を取得をして
もらうしかないと思います。」
↑ そりゃそうだ...。

連休は三宅島と戸隠をダブルでやろうと思って張り切っていたが、三宅島は
今年もダメ...。
どうしても諦めきれず、5/3,4と休んで戸隠へ行くことにした。(5/2深夜に出発。)

休みが少ないと、どうしてもやることが派手になる。
去年の黒部の感動を忘れられず、ナント富山側から立山黒部アルペンルートへ...。
一路ライチョウの住む室堂へ。
(同行者の皆様、行きは飲み会帰りで申し訳ありませんです...。)

5/3、起きると富山県。山を見ると眠くてもテンション上がるね!
ケーブルカーと高原バスを乗り継いで室堂へ。
(今年は早いので何処も待たなかった!)

マイブーム継続中の剣岳や、噂の「雪の大谷」を眺めつつ、室堂の「みくりが池」へ。
想像より冬。木道脇に残雪アリ、位の気持ちで行ったら銀世界...。
ハイマツなんて見えやしない。
冬用のコートとウィンドブレーカーで来たものの、足元はスニーカーだよ...。
這う様に歩いて周辺を見て回る。スキーやスノボに追い抜かされる...。

室堂風景_110503

最初、イワヒバリしか見られない悲しい展開...。
混んでるので、折りたたみ椅子も持って来ず、座ることも出来ない。
雪の照り返しがきつくて、雪焼け寸前...。<顔が熱いよ...。

こんなところで鳥を眺める馬鹿者は我々くらいかと思いきや、
望遠レンズを見て、「居ました?」と聞く強者が数人現れる。
(同じことをもくろむ人が居るのね...。)

ふと見ると、尾根の向こう側に人だかり...。まさかアソコ?
足元は最悪だが、一番身軽なのはどうやらたけぽんちゃん...。
「奉仕の精神」で見に行くことにした。

ゼェハァ...。20分くらいかけて尾根を登っていくと、やっと雪が無くなったハイマツの
茂みを激写する登山客が沢山...。ん?

室堂_ライチョウ♂mini_110503

ココに写ってるよ。<続きは次号参照

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

たけぽんちゃん

Author:たけぽんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。